環境との共生と地域貢献


CO2の排出減少による地球温暖化への貢献と、
220戸分の電力をまかなえる近隣の発電所として、
地域貢献の役割を果たしています。

太陽光発電を「事業」としていち早く取り入れました。


再生可能工ネルキーの全量買取制度が2012年7月にスタートされることに伴い、YAJIMAでは太陽光発電を新たな事業として捉えました。
2012年、諏訪工場の屋根に太陽光発電装置を設置。2013年からは、600KWの電力発電と売電システムを稼働しています。
加えて2015年3月、富士見町に282KWの太陽光発電装置を設置、売電システムを稼働中。

企業理念を実現するために。


広大な面積をもつ諏訪工場の屋根面を、 太陽光発電に使うことで、 企業理念でもある環境との共生を強めることができました。 そして、 余った電力を電力会社に販売し、 収益を得ることで、 事業としても成立させることができています。